基準の怖さ

2019年2月 のトピックス

このトピックスはもう、3ヶ月も前の記事ですが、私は、この日まで知りませんでした。

OECD:Organisation for Economic Cooperation and Development経済協力開発機構からの注文

part1:

1:日本人は健康診断を受ける機械が多いが、本当の費用にみあう効果的

なモノなのか?項目や頻度を削減する余地は無いのか見直すべきだ

2:日本でまだ喫煙率が高いことや女性の飲酒量が増えている。

健診に偏ること無く病気予防のための包括的な政策をとるべきだ。

3:むだな検査や不要なX線被ばくなどが生じている可能性がある。

4:健診を提供する側、お金を出す立場、受ける人も含めて必要性を

検討すべき。

早期発見という前に、1次予防に対する取り組みを強化すべきとまで踏み込まれています。

さらに

part2:

1:ガン検診は年齢や頻度、方法が自治体や職場の間で統一感がない。

国の指針に従い一律に実施、登録して検査の質を向上させるべき。

2:無職やパートタイムの人の健康管理が見過ごされがちだ。

3:男性の喫煙率が30%とOECDの平均より高い。女性の飲酒量の増加

傾向、たばこ規制や屋内禁煙の強化酒を販売できる場所や時間帯の制限

などの対策を取るべきだ。

ここまで、言われています。

例えば世界のメタボ健診は基準が設定されています。

先ずはご存じのBMI値

BMI=体重×身長(m)×身長(m)が 30以上で太りすぎ

メタボリックシンドロームの基準となるサイズ測定では、

腹囲

では無くウエストサイズ

  ⇓

男性:85cm

女性:80cm

この基準値の違いがなにをもたらすのか?

日本では、健康診断を受けると、ある程度の年齢がきた時点で、

日本人はなにがしかの「危険をはらんでいますよ」と宣告を受け始めます。

これ何かおかしな感じがします。

私たちは基本、ひとりひとり違います、環境も文化も習慣も違います。

それでも、その基準って当てはめても良いのでしょうか?

勿論、当てはめて良い部分もありますし、再度検討してみてもいい部分もあるのでは無いのか?そういう客観性が一番大切なように感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする