科学ピラミッド

Pyramid of science 科学ピラミッド 参考:

科学を専門にしている人はよくご存じですが、

これは、一般的に科学の分野のピラミッドです。

一番広く知られているものは、

「数学」、次に物理学、科学、

私が驚いたのはここから先の二つです。

科学ピラミッドの上位 2分野

「生物学」「心霊・遺伝学」

心霊は既に科学の分野に所属し、

遺伝学も同様に位置づけられています、

これは心霊や遺伝子学として

未だ体系だったものが、完成されていない、

例えば法則性が確認出来るものとして

確立されていないからのようにも

思います。

ただ、それはまだ、

公に学術論文として世界的に発表されていないだけで

学問としては成立しているのだと思います。

世界基準になるまでに

20年から40年かかるのでしょう、

その頃には又、科学の世界も様々な情報とリンクして

一方向からのものの見方として

変わっているとは思いますが…

それでも、あえて書きます、

1991年にアメリカ、イギリスが中心となって

「ヒトゲノム計画」が立ち上げられて

全面解読に至ったのは2000年です。

全面公開は2003年です。

1細胞当り、A-T,  C-Gの羅列が解読され

32億段あるとしたのです。

でも、これは人の細胞の中にある塩基配列

(A:アデニン、T:チミン、C:シトシン、G:グアニン)が

32億段あるという事実です。

その一つ一つの組み合わせの意味を

解読したわけではありません。

たまに聞きませんか?

「この抗がん剤はあなたの

遺伝子には合わなかった」

抗がん剤の有効性は

だいたい20%前後と言われます。

まるで血液型と同じです

1/4程度しか有効性が

確認できないにもかかわらず

と言うよりも、

自分の遺伝情報はこれだが、

この薬が持つ遺伝情報と合致するか?

と、治療前に聞けると良いですね。

もうそんな事が可能な時代に来ています。

遺伝子を検査し、

オーダーメイドの治療法を

受けられる時代です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする