Un Luky Girl

何故か、出会う男性のタイプが後から「オオカミ」「貧乏神」「DV男」に変身してしまう彼女。

まさか、自分がそのタイプを選別しているなんて夢にも思っていない。

実際、外見は「綺麗」[美人」「チャーミング」なタイプの方が多い。

人生も50年近く生きてくると、自分がどんな外見的印象を作ってきたかなんか

考えなくても分っている…

なのに、いざ、人生のパートナー選びとなると「極端なつまづき」を繰り返す。

そう、もうそろそろ、自分のパターンに気がついても良さそうな時期。

どんな共通項があるだろう?

知りたいって誰もが思うか知ってどうすれば良いの?って悩ませても仕方がないけれど、ここは大人として断じておきます。

知らなければずーっと「Un Luky」なまま。

これは親からもらう周波数をそのままある一方向にしか使えなかった場合に多くみられます。

オオカミやDVや貧乏ってすべて細胞炎症と大きく関連し、一言で言えば「疾病」の症状なのです。

疾病って…簡単に言うと病気のことです。

この事実を踏まえて、その人達が持つ外見からにじみ出る情報に引き寄せられるのか?それを持って居るからこそ、かぎ分けるかのようにその男性を選ぶのか?

それはDNAの世界も同じです。

人間のDNAが乗っ取ったのか?乗っ取られたのか?

実に謎に満ちた現象は山のようにあって、多分、今世紀、

2045年に人工知能が人間の知能よりも先んじると言われるその先に、解明をゆだねても良いかもと感じる程の量です。

では、具体的に、その引き寄せてしまう不幸、出会ってしまう不運、

その脱出方法は?

一言で言えば細胞炎症からの脱出です。

細胞炎症:人それぞれに現れ方は違いますが、細胞が炎症を起す仕組みは同じ

当然、1人1人持ち合わせるデータが違うので、現われる場所やウィークポイントが違うという意味です。

炎症を起す仕組みが同じなのと同様に 治るプロセスはみな同じなのです。

なので、簡単と言えば簡単なのですが、理解や認識が違ったり

信じている基礎情報が違ってしまうと結果が出ないと言って嘆いたり、

間違っているのではないかと疑ったり、途中で投げ出したり

諦めたり、はたまた最初から自分では何もしないという全面他者依存の場合もあります。

そして、女性が(男性も)最もはまりやすい落とし穴、それは

「拗ね」るという反応。

チャンスは目の前なのに、掴めない。

理由は簡単です、拗ねているとねじれが起こるので、タイミングがずれる

自分中心でない状況が受け入れられないために客観性が保てない、

優先順位が分からない、文章をきちんと読めない、レスポンスが遅れる…など

いかがでしょうか?

こんなことが細胞炎症と関連しているのか?にわかには信じられないかもしれませんが、豊かさとは滞りのない循環(スムーズな代謝環境)のことです。

そういった意味で、炎症のない細胞群を保ち続けるとスムーズな循環による

Luky = 好循環 が訪れます。

生体磁場(オーラ)にあなたの健康情報が発信されると健康「明るく・爽やか」この情報は明らかに人が一番好む情報です。

つまり、自動的に引き寄せが起る仕組みです。

美人やかわいいの前に「明るく・爽やか」が重要って共鳴する人は一度、

オーラ解析、あるいはファティーグチェックのどちらか、あるいは両方受けてみるのも良いかもです。

なぜ?って今の状況が分らないと変われないから…

ファティーグチェックをご希望の方はここ あるいはオーラはこちらにアクセスして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする