自己紹介

松井 麻美(マツイ マミ)

わずか6ヶ月でビジネスが軌道に乗り始め、

人生の戦略航海図を渡すファーストクリエーター

(有)ファーストクリエーター代表取締役

大阪生まれ。夙川学院短期大学美術科デザイン学科を卒業。

商業施設専門の内装会社に企画設計スタッフとして就職。

オランダ発ファッションビルの心斎橋店リニューアルでは、フロアー構成、商品計画、導線計画など総合プロデュースを担当。年鑑『日本の空間デザイン』に掲載されるなど、プランナーとして頭角を現す。第三セクターの再開発事業では大手建設会社の商業施設エリア担当者として事業コンペに参加。屋上観覧車プランが採用され、コンペで優勝。西梅田大阪駅前の再開発コンペでは、リッツカールトンホテルの誘致案が採用される。

阪神淡路大震災の年、12年間の会社員生活に終止符を打つ。

会社員時代の過労と向き合い、民間療法や断食など生活習慣改善を実践。その徹底ぶりは7年間に及び、体質改善に成功。

身体の構成物質、食物の栄養、色彩原理、天空配置から起こる引力や物理学の研究に没頭。その頃、日本に上陸したオーラヴィジョンカメラの第一人者から解析・分析の直接指導を受ける機会に恵まれる。6ヶ月で延べ300名の解析を担当。2年間で合計1300名のオーラ解析を実施。「訓練でオーラは誰でも見ることができる」というのが持論。2004年、(有)ファーストクリエーターを設立。『世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術』(サンマーク出版)の著者であり、カナダ出身ヘルスドクターのアイザック・H・ジョーンズに師事し親交も深い。

自らもヘルスリトリートマイスター倶楽部の創立メンバーのひとりとして、医師や医療関係者を招聘するなど精力的に活動。

「身体」「魂」「ビジネス」の3つの柱で未来を拓く「超・未来引き寄せDNAメソッド」を体系化。人間関係やたくさんの人と打ち解けるが苦手な人、がんばっているのになぜかうまくいかない人たちに慕われている。

自ら開発した「超・未来引き寄せDNAメソッド」では、身体を構成する細胞固有の周波数調整を行う。

受講生からは、「ご近所づきあいが苦ではなくなった」「診断の時の一言で、たばこをやめられました」「前年の売り上げが3倍になった」など喜びの声が多数届く。

「己を知り、己を活かせ!」という理念のもと、自分の中にある宇宙を拓いていきたい同志コズミックパーソンを創造するために力を注いでいる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする